« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

もんじゅ原子炉容器に落ちた装置、引き抜きへ

 日本原子力研究開発機構は23日、高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)の原子炉容器内に落ち、取り出せなくなった核燃料交換用の装置(長さ12メートル、3・3トン)を6月中旬をめどに引き抜くと福井県に報告した。

 24日に準備作業に入る。

 原子炉の熱を伝える冷却材のナトリウムは、空気に触れると燃える性質があるため、外気を遮断する特殊な器具を設置し、原子炉の上ぶたの一部ごと引き抜く。

 装置は昨年8月に落下。同10月につり上げを試みたが、落ちた衝撃で装置の一部が変形してしまって抜けず、作業を断念していた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110523-00001006-yom-sci
※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します


テクノロジー通信.com
トップ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

福島県、15万人に30年以上健康調査実施へ

 福島第一原発の事故を受け、福島県は原発周辺自治体の住民約15万人に対し、30年以上にわたる健康調査を行う方針を固めた。

 27日に「県民健康管理調査検討委員会」を県庁内に設け、7月にも実施する。

 法律で立ち入りが禁止される「警戒区域」のほか、計画的避難区域や緊急時避難準備区域に入っている双葉町や浪江町、南相馬市など12市町村の住民が対象。県立医大や地元医師会の協力を得ながら行う。定期健康診断のほか、白血球の数や、放射線被曝(ひばく)で懸念されるがんの発症傾向を調べることなどが想定されている。

 今回の事故のように低い値の放射線を継続して浴びているケースでの健康への影響がまだ十分解明されていないため、放射線医学総合研究所(千葉市)や放射線影響研究所(広島市・長崎市)などの専門機関とも密接に連携する。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110522-00000792-yom-sci
※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します


テクノロジー通信.com
トップ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

再臨界の恐れ、ほとんどなかった…識者の見方

 再臨界とは、反応を停止した核燃料が再び連続的な核分裂反応を起こすことだ。

 水には、燃料を冷やすだけでなく、核分裂反応で発生する中性子の速度を落として、再び核分裂反応を引き起こしやすくする働きがある。自動停止した原子炉では、中性子を吸収する制御棒が核燃料の間に挿入されており、再臨界が起きることはないが、福島第一原子力発電所1号機は冷却水が失われた影響で、核燃料が溶けて、圧力容器の下部にたまっている可能性があった。官邸は、この核燃料の塊に、海水で減速された中性子が衝突して核分裂反応が再び連続して起きることを懸念した。

 しかし、藤家洋一・東京工業大名誉教授(原子力工学)は「原子炉は、核分裂反応が起きやすいように、燃料棒の位置などを緻密に設計している。設計が崩れた状況では、反応が格段に起こりにくい。海水の注入で、再臨界が起きる可能性はほとんどありえない」と指摘する。

 塩分などの違いで、海水が真水に比べて、再臨界を起こしやすくするようなことはなく、藤家さんは「何よりも、原子炉を冷やすことが最優先だった。海水の注入を中断すべきではなかった」と話している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110521-00000700-yom-sci
※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します


テクノロジー通信.com
トップ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

複数の ARM 版『Windows 8』を開発中?

複数のメディアが Intel 幹部の発言として、Microsoft は ARM アーキテクチャのプロセッサ向けに、少なくとも4バージョンの『Windows 8』を計画していると報じた。なお報道によれば、これらのバージョンでは x86 版 Windows 用の「レガシー」アプリケーションが動作しないという。ただし Microsoft はこの発言について、「不正確かつ誤解を招くもの」と述べている。

今回の件は、17日にカリフォルニア州の Intel 本社で開催されたアナリスト向けイベント『Investor Meeting 2011』の席上で、ARM プロセッサに関する Microsoft の計画について、Intel が Bloomberg を含む複数の報道機関に対して語ったものだ。

報道によれば、同イベントでは Intel のソフトウェア事業を率いる Renee James 氏は Windows 8 について、ARM プロセッサ向けの4バージョンと、Intel の x86 プロセッサ向けの1バージョンを Microsoft が計画していると発言したという。そして ARM と x86 はアーキテクチャと命令セットが異なるため、ARM 版 Windows では x86 用アプリケーションを使用できないと報じられた。

ARM アーキテクチャ版 Windows の存在自体は、特に驚く話ではない。Microsoft は1月初め、ラスベガスで開催された『2011 International Consumer Electronics Show (CES)』で、ARM 対応版 Windows 8 を開発すると発表したが、バージョンの数までは明らかにしていなかった。

Microsoft の広報担当は取材に対し、次のように語った。「17日の Investor Meeting においてなされた、当社の Windows 次期バージョン計画に関する Intel の発言は、実際のところ不正確で、残念ながら誤解を招くものだ」

「最初にシステム オン チップ (SoC) 用 Windows のデモンストレーションを行なったときから、当社は目標を明確に提示し、まだ技術デモの段階だと強調していた。したがって現時点では、それ以上の詳細や情報はない」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110520-00000016-inet-mobi
※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します


テクノロジー通信.com
トップ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

仙台平野、弥生時代にも巨大津波に襲われていた

 約2000年前の弥生時代に仙台平野を襲った津波は、東日本大震災の巨大津波と同程度まで内陸に浸水していた可能性の高いことが、東北学院大学の松本秀明教授(地形学)の調査でわかった。

 15日、仙台市で開かれた東北地理学会で発表した。

 869年の貞観津波の浸水範囲もほぼ同じだったとみられ、松本教授は「仙台平野では、ほぼ1000年周期で東日本大震災と同規模の巨大津波が襲来していた可能性がある」と指摘している。

 松本教授は4月、今回の津波が内陸約4キロまで浸水した仙台市若林区で、津波が運んできた堆積物を調査した。その結果、海岸線から約3キロまでは砂だったが、その先はより粒子が細かい泥が堆積していた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110515-00000788-yom-sci
※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します


テクノロジー通信.com
トップ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

冠水作業の1号機、格納容器水位は想定以下

 原子炉を冷やすために格納容器を水で満たす冠水(水棺)作業が進められている東京電力福島第一原子力発電所1号機は、これまで考えられていたほど水がたまっておらず、格納容器の半分にも達していないことが11日、政府・東電統合対策室の調べでわかった。

 原子炉建屋内に人が入って水位を測る計器類を再調整した結果、判明した。同室で原因を調べているが、格納容器からの水漏れや、予定された量の水が格納容器に注入できていない可能性が考えられる。

 1号機は、2、3号機に比べて、格納容器の健全性が保たれていると考えられ、原子炉を安定的に冷やすための作業が先行して行われている。格納容器に水漏れがあった場合、今後の冠水作業が大幅に遅れる可能性もある。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110512-00000138-yom-sci
※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します


テクノロジー通信.com
トップ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

土星最大の衛星タイタン、隕石衝突で大気できた

 生命の存在が期待されている土星最大の衛星タイタンの表面を覆う窒素は、40億年前に起きた巨大隕石(いんせき)の度重なる衝突で形成された可能性が高いことが、東京大の関根康人(やすひと)助教(惑星科学)らの研究でわかった。

 9日の科学誌ネイチャー・ジオサイエンス電子版に掲載される。

 タイタンには地球と同様、窒素が主成分の大気がある。地球の窒素は、高温だった地球の熱がアンモニアを分解してできたが、タイタンの地表はマイナス180度と低温なため、形成過程が謎だった。

 研究チームは、40億年前に多数の巨大隕石が太陽系に降り注いだことに注目。実験室内で、タイタン表面にもあるアンモニアと氷の混合物に、隕石に見立てた金属片を秒速11キロ・メートルで衝突させると、アンモニアが高温になって分解され、窒素ができることを確かめた。関根助教は「新しい仕組みが示せたと思う。他の地球型惑星の状態を推定する手がかりになる」と話している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110509-00000015-yom-sci
※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します


テクノロジー通信.com
トップ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

1号機、8日午後にも放射性物質放出の可能性

 東京電力は7日、福島第一原子力発電所1号機の原子炉建屋内から8日午後にも、放射性物質が外部へ放出される可能性があると発表した。

 原子炉建屋内で人が本格的な作業を始めるのに先立ち、原子炉建屋の二重扉を開放するため。東電は発電所周辺の放射線量の監視を強化する。

 東電によると、タービン建屋との間にあるこの二重扉を利用して敷設した配管で、原子炉建屋内の空気をタービン建屋側に設置した浄化装置に引き込み、浮遊する放射性物質を除去している。二重扉はタービン建屋側に作った小部屋で覆っているため、両方の建屋は事実上は仕切られていた。

 しかし、5日に始めた浄化で原子炉建屋内の放射性物質濃度が下がり、作業を本格化させるめどがついた。そのため、東電は8日午後にも小部屋を取り払い、扉を開放することを決めた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110507-00000628-yom-sci
※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します


テクノロジー通信.com
トップ



| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »