« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

震災避難者の7割近く、津波警報の更新知らず

 東日本大震災の際に、気象庁が津波警報で発表した「予想される津波の高さ」について、岩手、宮城両県の避難者の7割近くが、最初の予測しか見聞きせず、その後、「高さ10メートル以上」に引き上げられたのを知らなかったことが、内閣府などの調査で27日、わかった。

 調査は今月、避難所や仮設住宅の住民(岩手391人、宮城385人)を対象に行った。地震発生3分後に出された最初の津波警報では、津波の高さを「岩手3メートル」「宮城6メートル」と予想したが、その後、いずれも「10メートル以上」に引き上げた。

 しかし、調査の結果、岩手で63%、宮城で74%の人が、更新された情報を知らなかったと回答した。「予測の高さなら、避難しなくても大丈夫」と判断した人が、岩手で10%、宮城でも3%いた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110727-00000865-yom-sci
※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します


テクノロジー通信.com
トップ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

再生医療併用の低身長症治療法、高度医療に承認

 名古屋大付属病院は26日、同病院で研究を続けてきた患者自身の細胞を培養して骨を伸ばす「再生医療」技術が、厚生労働省の「高度医療評価会議」で高度医療として承認されたと発表した。

 国内で1万人弱が患う低身長症の治療に役立つ技術で、従来の治療方法と併用することにより、治療期間を短縮できるという。

 承認されたのは、患者の骨髄液を採取して骨を作る細胞などを培養し、患者の体内に戻し、骨の形成を促進する技術。低身長症のうち、軟骨無形成症などの治療はこれまで、足の骨を切断してすき間を作り、骨が自然修復してすき間を埋める方法などがとられてきた。この方法では、手術やリハビリを含めて治療に約1年間を要し、感染症の危険も高かった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110726-00001163-yom-sci
※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します


テクノロジー通信.com
トップ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

改正移植法1年、15歳未満の脳死29人

 15歳未満の子供からの脳死臓器提供を認める改正臓器移植法が全面施行された昨年7月からの1年間に、実際に臓器を提供した1例のほかに、少なくとも29人の子供が脳死と判断されていたことが、読売新聞社の調査でわかった。

 この中には30日以上生き続ける長期脳死の該当患者が12人いた。家族が臓器提供を承諾すれば、法的な脳死判定を経て数日以内に臓器は摘出されるが、患者の「死の時期」を決めることになる家族に対し、長期脳死の可能性について十分な説明はされていなかった。

 調査の対象は、厚生労働省が子供からの臓器提供が可能な施設として公表した全国56施設。アンケート形式で実施し大学病院や小児専門病院など54施設から回答を得た(回答率96・4%)。その後の取材を含め、6月末までの状況をまとめた。

 ほぼ確実に脳死と医師が判断した29人のうち、13人では臓器提供の話し合いが行われた。その後の経過が判明した9人のうち6人は、脳死と判断された後も3か月以上生存し、入院時から2年以上生きたケースもあった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110718-00000791-yom-sci
※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します


テクノロジー通信.com
トップ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

最後のシャトル地球帰還へ…ISSとの通路閉鎖

 【ジョンソン宇宙センター(米テキサス州)=本間雅江】最後のスペースシャトル「アトランティス」は米東部時間18日朝(日本時間同日夜)、国際宇宙ステーション(ISS)での任務を終え、地球帰還に向けシャトルとISSとをつなぐ通路を閉めた。

 19日にはISSから分離。21日に米フロリダ州のケネディ宇宙センターに着陸する。

 通路を閉める直前に、シャトルの初飛行に搭載されていた米国旗が、感謝の言葉とともにISSの乗組員に手渡され、ISSに長期滞在中の古川聡宇宙飛行士(47)らとシャトルの搭乗員4人は、抱き合って別れを惜しんだ。

 アトランティスには、1年分の食料などISSに備蓄するための補給物資が搭載され、その荷物の多さなどからISSへの滞在を途中で1日延長。古川さんらと共に8日かけて搬入作業を行っていた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110718-00000792-yom-sci
※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します


テクノロジー通信.com
トップ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

原発の電源喪失、安全委93年に検討…公表せず

 東京電力の福島第一原子力発電所事故の原因となった全交流電源喪失について、国の原子力安全委員会の作業部会が1993年に国内の原発の実態を検討し、「原子炉が重大な事態に至る可能性は低い」とする報告書をまとめていたことが15日、明らかになった。

 同日開かれた内閣府の原子力安全委員会の安全設計審査指針等検討小委員会で、同委員会が報告した。報告書は、原子力施設事故・故障分析評価検討会の全交流電源喪失事象検討ワーキンググループがまとめた。メンバーは5人の専門委員のほか日本原子力研究所、東京電力、関西電力からの各1人。同報告書の存在を含め、当時は作業部会で検討した事実すら公表されなかった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110716-00000168-yom-sci
※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します


テクノロジー通信.com
トップ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

野生チンパンジー、求愛の木の枝ベッド作り

 西アフリカのギニアに生息する野生のチンパンジーが、木の上部で枝を折り曲げてベッドを作り、メスに求愛する行動を日本モンキーセンター(愛知県犬山市)研究員の大橋岳さん(35)が確認した。

 寝るためにベッドを作ることは知られているが、求愛に利用するのがわかったのは初めて。17日に同市で開かれる日本霊長類学会で発表する。

 大橋さんは2002年7月〜03年3月までの計135日間、ギニアのボッソウ地区に生息する野生チンパンジーの群れ(約20頭)を率いるリーダー格のオス「フォアフ」(当時22歳)の行動を追跡調査した。

 その結果、フォアフが群れから離れた場所にメスを連れ出した後、メスの前で木の上部にある比較的細い枝を折り曲げてベッドを作って体を揺すりながら求愛し、交尾に誘ったり実際に交尾したりする行動を22回確認した。さらに、大橋さんは、別のオスも同じようにベッドを作って求愛するケースを複数確認した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110714-00000097-yom-sci
※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します


テクノロジー通信.com
トップ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

廃炉検討チーム、原子力委に設置方針…原発相

 細野原発相は12日の閣議後の記者会見で、東京電力福島第一原子力発電所の廃炉に向けた中長期的な対策を検討するチームを、内閣府原子力委員会に設置する方針を明らかにした。

 連休明けの19日に詳細を公表し、政府として具体的な計画作りに乗り出す。

 同原発の廃炉を巡っては、原子力委を中心に東電、プラントメーカーなどの関係者でつくる勉強会が中長期的な工程表の原案を作成。10年後に溶融燃料を取り出し、廃炉には数十年かかるとの見通しを示している。細野原発相は原子力委の近藤駿介委員長に新組織の設置を依頼した。

 取り出した燃料の処分場については、細野原発相は「福島県を最終処分場にすることは、慎重にしなければならないし、そうでない方法を模索しなければならない」と述べた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110712-00000502-yom-sci
※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します


テクノロジー通信.com
トップ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャープ、「SpaceTownブックス」サービス終了へ

 シャープ株式会社は7月1日、「SpaceTownブックス」サービスを終了すると発表した。登録ユーザー向けにメールで告知したほか、サイトでも案内を掲載している。8月31日に新規会員登録を終了し、9月30日に電子書籍の販売を終了する。なお、サービス終了後も、購入済みの電子書籍はそのまま利用できる。

 「SpaceTownブックス」は、2006年4月のサービス開始以来、パソコン、PDAなどさまざまな機器で利用できる電子書籍を提供してきたが、2010年より電子書籍リーダー端末「GALAPAGOS」の発表に合わせて電子書籍サービス「TSUTAYA GARAPAGOS」をカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社と開始したことから、電子書籍サービスを一本化するものと見られる。

 終了するサービスは、SpaceTownブックスでの電子書籍販売で、電子書籍ダウンロード販売、「スペースタウン電子辞書」(シャープ製携帯電話向け電子辞書販売)、「WEB-NON」(定額読み放題)の各サービス。電子辞書Brain向けコンテンツ販売サイト「ブレーンライブラリー」については、引き続きサービスを継続する。

 なお、シャープは「SpaceTownブックス」会員向けに、「ご愛顧ありがとう! メディアタブレットGALAPAGOS乗換キャンペーン」を7月1日から7月31日まで実施。電子書籍サービス「TSUTAYA GALAPAGOS」に対応する端末「メディアタブレットGALAPAGOS」購入者先着500名に、もれなく3000円のQUOカードをプレゼントする。応募には「SpaceTownブックス」会員IDによるログインが必要となる。


【INTERNET Watch,工藤 ひろえ】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110701-00000067-impress-inet
※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します


テクノロジー通信.com
トップ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月の原発作業員、現段階で被曝限度超はゼロ

 厚生労働省は30日、東京電力福島第一原子力発電所の事故で、4月中に同原発で作業を行った作業員2242人の被曝(ひばく)量の調査結果を公表した。

 100ミリ・シーベルトを超えた可能性がある作業員が1人で、緊急作業時の上限250ミリ・シーベルトを超えた作業員はいなかった。

 同省は東電に対し、4月中の作業員全員の被曝量の測定と評価結果を30日までに報告するよう指示していたが、まだ2000人以上の調査が終わっておらず、7月13日までの報告を求めた。

 同省によると、報告のあった2242人のうち、100ミリ・シーベルトを超えた作業員の内部、外部被曝量を合わせた暫定値は111ミリ・シーベルト。ほかに、50〜100ミリ・シーベルトの作業員が9人いた。20〜50ミリ・シーベルトが36人だった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110630-00000960-yom-sci
※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します


テクノロジー通信.com
トップ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »