« 2011年10月 | トップページ

2011年11月

企業の電話窓口につながったら電話をしてくれるアプリ「FastCustomer」

よくあるサービスではあるが、日本でも展開してほしい…と切実に思うのと、スマートフォン対応というのが新しいのでご紹介。

FastCustomer を使えば、企業の電話窓口で延々と待たされることがなくなる。

仕組みは簡単で、まずは FastCustomer から電話をかけたい企業を選ぶ。

すると FastCustomer 側にて電話をかけてくれて、それがつながったときにあなたに電話をくれる、というものだ。

これがあれば「しばらくお待ちください…」をずっと聞き続ける必要もないし、電話代も節約できるだろう。

日本でも展開してほしいなぁ…というか、誰か作って欲しい…。

(記事提供 : 百式)

サイト名:FastCustomer
http://www.fastcustomer.com/ 

 

記事提供:百式  
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111113-00000000-inet-inet
※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します


テクノロジー通信.com
トップ



| | コメント (1) | トラックバック (0)

福島第一原発、廃炉に30年以上…原子力委部会

 東京電力福島第一原子力発電所の廃炉について検討する内閣府原子力委員会の専門部会は9日、1〜4号機の廃炉完了までの期間を30年以上とする工程や、取り組み状況を監視する第三者機関の設置などの提言を盛り込んだ報告書案に合意した。

 12月上旬にも最終報告書として原子力委員会に提出する。

 報告書案では、廃炉作業に必要とされる新技術の研究開発について、政府や東電、学識経験者などによる「研究開発推進本部」の新設が必要と指摘した。また、廃炉への取り組みが妥当かをチェックするため、第三者機関の設置も提言した。溶けた燃料や放射性廃棄物の処理試験を行う施設や、対策の妥当性を検証するための原発模擬施設を、それぞれ現場近くに設けることも求めた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111109-00000964-yom-sci
※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します


テクノロジー通信.com
トップ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

Mac、iPhone向け「公式クライアント」作者のLoren Brichter、Twitterを退社して次のステップへ

Tweetieを生み出し、後にそれがiOS用公式ツイッタークライアントとして採用されるという経験をした才能に恵まれたクリエイターであるLoren Brichterが、Twitter社を去ることになった。Brichterのツイートによれば、このツイートの日を持って退社するらしい。今後については少し考えてみようと思っているとのこと。

BrichterがTwitter社に参加した経緯も一風変わったものだったし、その大もととなった部分について憤りを感じている開発者もいた。

まず2008年11月のこと。Brichterは彼個人の会社であるatebitsより、Tweetieというアプリケーションをリリースした。非常によくできたiPhone用Twitterクライアントで、短時間で多くの人の心をとらえることとなった。そしてBrichterは続く2009年、Tweetie 2をリリースしてこちらも大ヒットアプリケーションとなった。

そして2010年4月、Twitterはatebitsおよび同社のiOS用Twitterアプリケーションの買収を発表した。そしてこのatebits製アプリケーションは後にTwitter for iPhoneおよびTwitter for iPadとなった。また買収時点で開発中だったTweetie for Macも後にTwitter for Macとして世に出されるにいたった。

全体として良い話のようではあるが、いずれかのアプリケーションが「公式」と認められるのは、それまでにTwitterの成長をある意味で支えてきていた他のTwitter関連アプリケーション開発者にとっては痛いことだった。しかしTwitter社にとって、「公式」アプリケーションの不在は新規利用者の混乱を招くもとにもなり得ることだった。そこで自社製「公式」アプリケーションを持つにいたったのだ。そして確かに、Twitter社はiOS版に留まらず、Android版、Windows Phone版、およびBlackberry版でも「公式」アプリケーションをリリースした。

この点でBrichterに不満を述べる者もいるが、それはもちろんお門違いだ。Twitter社のマネジメントなどはBrichterが担当するところのものではない。Twitter社にとってはいくつも素晴らしいアプリケーションをもたらした人物であり、別れは非常に辛いものとなるだろう。

[原文へ]

(翻訳:Maeda, H)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111106-00001795-techcr-sci
※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します


テクノロジー通信.com
トップ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

大飯原発など22基、耐震性を再点検へ

 経済産業省原子力安全・保安院は31日、専門家の意見聴取会を開き、東日本大震災で中断していた原子力施設の「耐震安全性評価」の再開について、対象となる9原発22基と調査内容などを決めた。

 震災を踏まえ、断層が連動する危険性や過去の地震による津波などの影響を再点検するもので、10月28日にストレステスト(1次評価)の結果を提出したばかり関西電力大飯原発も含まれる。最低でも数か月かかる耐震安全性評価は、原発再稼働の条件とされる「ストレステスト(耐性検査)」の基礎データで、電力需要がピークとなる冬場に、大飯原発の再稼働は、極めて厳しい情勢になってきた。

 先行して評価を行うのは大飯原発のほか、北海道・泊、東北・東通(青森県)、中部・浜岡(静岡県)、日本原子力発電・東海第二(茨城県)、敦賀(福井県)、関西・美浜、高浜(同)と日本原子力研究開発機構の高速増殖炉「もんじゅ」(同)。22基中ストレステストに着手している原発は大飯原発を含め、15基あり、再点検の過程で想定地震や津波が変わると、「ストレステスト」自体の見直しも必要となる。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111031-00001156-yom-sci
※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します


テクノロジー通信.com
トップ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ